ちえふくろう(99号)をお送りいたしました

今月のちえふくろうは先月に続きましてNPOトータルライフサポートで行なった旅立ち支援の続きです。
5月のとある日にYさんの納骨を行なってきました。
今回は横浜市内に眠っているYさんのご主人のお骨をお墓から取り出し、新しい墓地へYさんの遺骨と一緒に永代供養墓に納骨することとなりました。

Yさんご夫婦は亡くなってからも一緒のお墓に入り永遠に供養して頂けることとなりさぞかしご安心していただけたのではないかと思います。見送る私たちはそう理解致しました。

今回旅立ち支援をさせていただくにあたり感じたことは、旅立つ人ご自身がどうしたいのか準備することが必要なのは勿論ですが、見送る方にも準備が必要であるということです。旅立つ方はどうしたいのか意思を残してはいますが、見送る方はその意思に沿ってどんな準備をしたら良いかわからずにいざという時に慌ててしまうこともあるのかも知れません。双方が意思を確認しあえば、いざという時にも安心できると思います。

家族で自分の意思をどうしたいのか話あうきっかけにしていただければ幸です。

カテゴリー: ちえふくろうニュース   パーマリンク